熊本大研究員絞殺 無職男「うそばれ口論に」

 熊本大の女性研究員=当時(35)=が絞殺され遺体で見つかった事件で、殺人容疑で再逮捕された熊本市の無職、熊谷和洋容疑者(67)が「うそがばれて口論になった。黙らせるためにひもで首を絞めた」という趣旨の供述をしていることが23日、熊本県警への取材で分かった。熊本地検は同日、殺人と死体遺棄の罪で熊谷容疑者を起訴した。

続き…