測量ミス把握後も予測図に「浸水なし」兵庫・芦屋 県「説明を優先」

 9月に兵庫県内を襲った台風21号で高潮による浸水被害があった芦屋市の沿岸部について、県が護岸の測量結果にミスがあることを把握しながら、県のホームページ(HP)に高潮でも浸水しないとの誤った予測図やハザードマップをそのまま掲載していることが6日、分かった。県は「住民向けの説明会が終われば更新する」としている。

続き…