泥酔男の正体は空き巣犯か 警察署に保護され、翌日御用 和歌山

 和歌山市の民家で現金を盗もうとしたとして、和歌山県警和歌山東署は17日、窃盗未遂などの疑いで、住居不定、無職の男(70)を緊急逮捕した。男は16日夜に泥酔して同署に保護されたが、署員が事件現場付近の防犯カメラに写る人物に似ていると気付き、翌朝、任意で取り調べしようとしたところ拒否。署を出た男は鉄道で逃亡を図ろうとしたという。

続き…