河井案里被告の保釈認める 東京地裁、検察側は抗告

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐり、地元議員5人に現金計170万円を配ったとして、公選法違反の罪に問われ公判中の参院議員、河井案里被告(47)について、東京地裁は27日、弁護側の5回目の保釈請求を認める決定をした。保釈保証金は1200万円で納付された。東京地検は同日、決定を不服として東京高裁に抗告した。今後、抗告が退けられれば案里被告は勾留先の東京拘置所から保釈される。

続き…