河井案里元参院議員に連座制適用、立候補5年間禁止

 令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐる公選法違反事件で、有罪が確定した河井案里元参院議員(47)に対し、広島高検が同じく有罪となった元公設秘書との連座制適用を求めた行政訴訟で、広島高裁(横溝邦彦裁判長)は21日、請求通り、案里氏に同選挙区での立候補を5年間禁止する判決を言い渡した。

続き…