殺処分寸前だった被災犬 セラピードッグに

 東日本大震災から、まもなく10年。震災後、住民が去った福島県の警戒区域内に取り残され、殺処分寸前だった犬たちが、一般財団法人国際セラピードッグ協会(中央区)に保護されて育ち、「セラピードッグ」として医療や介護の現場で活躍を続けている。

続き…