横浜地裁の就学先指定訴訟棄却 原告側が控訴

 重度障害を理由に就学先を神奈川県の特別支援学校に指定されたのは差別に当たり違法だとして、川崎市の光菅和希さん(8)と両親が、市と県に希望通り地元の小学校への通学を認めるよう求めた訴訟について、原告側は請求を棄却した横浜地裁判決を不服として、23日付で控訴した。

続き…