横浜地検が被告逃走事件の検証結果公表 収容不備を認定

 保釈中に実刑が確定し横浜地検が刑務所に収容しようとした無職、小林誠被告(43)=公務執行妨害などの罪で起訴=が逃走した事件で、地検は6日、「収容する際の体制が不十分で、装備が不足していた」などとする検証結果の報告書を公表した。地検は同日付で、前沢康彦・小田原支部長を訓告処分とした。

続き…