栃木市の発砲事件、被告が殺意否認 宇都宮地裁で初公判

 栃木県栃木市の居酒屋で昨年7月、拳銃を発砲して知人の40代男性を殺害しようとしたとして殺人未遂などの罪に問われている無職、大沢康博被告(58)の裁判員裁判初公判が27日、宇都宮地裁(岡田健彦裁判長)で開かれ、大沢被告は殺意を否認した。大沢被告は当時、指定暴力団住吉会系組長だった。

続き…