架空FX取引で2億円 利用多いソフト悪用した周到手口 

 架空の外国為替証拠金取引(FX)を持ちかけ現金をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課が昨年10月から今年3月にかけ、特殊詐欺グループ9人を摘発した。グループは「必ず儲(もう)かる」などと言葉巧みに入金をそそのかしていたといい、被害者は約700人、被害総額は2億円を超えるとみられる。多くの人がだまされたのは、極めて周到な手口だった。

続き…