松本清張全集62冊消える 「地元出身の著者なのに…」北九州の図書館

 空白の1日、清張作品いずこに-。北九州市立中央図書館は16日までに、「松本清張全集」全66冊のうち62冊が貸し出し用書棚からなくなったと発表した。本を点検してから翌日までのうちに大半が消えており、被害額約20万円の窃盗事件として福岡県警小倉北署へ15日に被害届を出した。同館は「地元出身の大家の著作に、何が…」と首をかしげている。

続き…