東京の交通事故死者数、53年ぶり全国ワースト コロナ影響か

 東京都内で昨年起きた交通事故の死者は前年比22人(16・5%)増の155人で、53年ぶりに全国ワーストとなったことが4日、警察庁の集計で分かった。事故発生件数、負傷者数は減少したが、死者数が悪化。警視庁の担当者は「新型コロナウイルスの影響で交通量が減り、スピードを出す車が増えたことなどが要因と考えられる」と分析している。

続き…