日産、200億円申告漏れ 租税回避地の子会社めぐり追徴50億円超

 日産自動車(横浜市)が平成29年3月期に200億円超の申告漏れを東京国税局から指摘されていたことが8日、関係者への取材で分かった。国税局は、タックスヘイブン(租税回避地)のバミューダ諸島にある子会社について、「タックスヘイブン対策税制」(外国子会社合算税制)を適用し、海外子会社の利益を日産の利益に合算すべきだと指摘したとみられる。

続き…