新生児を公園に放置し死なせる、21歳母親に懲役5年求刑 愛知

 愛知県西尾市の公園トイレで男児を出産し放置して死なせたとして、保護責任者遺棄致死と死体遺棄の罪に問われた滝本有生被告(21)の裁判員裁判論告求刑公判が25日、名古屋地裁岡崎支部で開かれ、検察側は懲役5年を求刑し、結審した。判決は31日。

続き…