新型コロナ感染の東京消防庁トップが退院

 東京消防庁は27日、新型コロナウイルスへの感染が判明した東京消防庁のトップ、安藤俊雄消防総監(60)が、同日午前に退院したと発表した。入院していた間、清水洋文次長(57)が業務に当たっていたが、代行を解除したという。

続き…