文書偽造疑いで西宮市職員を逮捕 兵庫県警

 公共施設の利用に関する書類を偽造したとして、兵庫県警西宮署は5日、有印私文書偽造の疑いで、兵庫県西宮市労政課副主査、末竹好太郎容疑者(33)=神戸市東灘区魚崎西町=を逮捕した。「全く身に覚えがない」と否認している。同署は、架空の領収書などを作って西宮市から数百万円を不正に得ていた疑いがあるとみて捜査している。

続き…