整体師わいせつ、逆転有罪 被害者証言「信用性高い」

 新潟県上越市の整体院で女性客2人の胸などを触ったとして、準強制わいせつ罪に問われた整体師、竹内寛揮被告(41)の控訴審判決で、東京高裁は12日、無罪とした1審新潟地裁高田支部判決を破棄し、懲役2年を言い渡した。大熊一之裁判長は、女性2人の被害証言は具体的で信用できるとし「信用性を否定した1審判決は不合理だ」と結論付けた。

続き…