戦前の行政裁判所の記録、最高裁が保管 公立公文書館が目録公開へ

 明治憲法下で設置されていた特別裁判所の一つである「行政裁判所」の訴訟記録と判決の原本14件分が最高裁で保管されていたことが3日、関係者への取材で分かった。東京高裁に32件分の記録があることも判明。最高裁はすでに14件分を国立公文書館に移管した。国立公文書館は、内容を精査した上で、早ければ年度内にも目録を一般公開する。記録が公開されれば、当時の審理過程を知る貴重な資料となりそうだ。

続き…