性犯罪「不同意」の要件明確に 法務省検討会、報告書を提出

 性犯罪に関する法改正の必要性を議論する法務省の「性犯罪に関する刑事法検討会」=座長・井田良(まこと)中央大教授=は21日、上川陽子法相に取りまとめ報告書を提出した。強制性交罪などの成立要件を被害者の「不同意」のみとすると処罰範囲に課題が残るとし、「明確な要件を検討する必要がある」などと指摘した。公訴時効撤廃など多くの論点で賛否が併記されたが、「重要な意味を持つ視点や留意点を示すことができた」と総括した。

続き…