彦根警察官殺害 19歳巡査、逮捕時に50万円所持 逃走の際には交番を施錠、発覚遅らせるためか

 滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で男性巡査(19)=殺人容疑で逮捕=が貸与された拳銃で上司の井本光(あきら)巡査部長(41)を射殺した事件で、巡査が逮捕時に現金約50万円を所持していたことが12日、滋賀県警への取材で分かった。逃走する際には、交番を完全に施錠していたことも判明。県警は巡査が事件の発覚を遅らせ、逃走を図った疑いがあるとみて詳しい経緯を調べている。

続き…