強盗致死、懲役30年確定へ 元暴力団員の39歳男

 最高裁第2小法廷(岡村和美裁判長)は、栃木県栃木市で平成30年7月、無職、大阿久徳次さん=当時(82)=を暴行して死亡させ、現金を奪ったとして強盗致死などの罪に問われた元指定暴力団住吉会系組員、渡辺武久被告(39)の上告を棄却する決定をした。2日付。懲役30年とした1、2審判決が確定する。

続き…