座間9人殺害公判 6人目女性は就寝中に拘束し殺害 被告「一番早く絞め落とせた」

 神奈川県座間市のアパートで平成29年、15~26歳の男女9人が殺害された事件で、強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職、白石隆浩被告(30)の裁判員裁判の第13回公判が28日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で開かれた。白石被告は、6番目に被害に遭った福島市の高校3年の女子生徒=当時(17)=について、就寝中に両手両足を拘束してから首を絞めて殺害したとし、「胴体を揺らすくらいしか抵抗がなく、9人の被害者の中で一番早く絞め落とせた」と述べた。

続き…