座間9人殺害公判 弁護人の質問に回答も…改めて承諾殺人否定

 神奈川県座間市のアパートで平成29年、15~26歳の男女9人が殺害された事件で、強盗殺人や強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職、白石隆浩被告(30)の裁判員裁判の第8回公判が15日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で開かれた。白石被告はこれまでの公判で回答を拒否していた弁護人の質問に答える姿勢を見せたが、弁護人の主張する承諾殺人罪については、「(被害者たちに)『殺してください』という態度はなかった」と改めて否定した。

続き…