常習賭博容疑でカジノ摘発 カメラ15台押収

 神奈川県警は13日、パソコンを使った常習賭博の疑いで、川崎市川崎区東田町にあるインターネットカジノ賭博店を家宅捜索し、従業員2人を逮捕した。県警によると、店の内外からは監視カメラ15台を押収。入り口は2重扉となっていて、客の入店管理を厳しくチェックして違法賭博をしていたとみて捜査している。

続き…