山梨県有地訴訟の和解、閉会中審査に 知事「原告に理解求める」

 山梨県が富士急行に貸している県有地の賃料が不当に安いとする住民訴訟をめぐり会期が延長された県議会は最終日の25日、和解議案を閉会中継続審査とすることを決めた。長崎幸太郎知事は「今議会中に議決されない限り和解に応じない」としていた原告に理解を求め、あくまで和解を目指す考えを示した。

続き…