宮崎で11例目の鳥インフル 新富町、24万羽殺処分

 宮崎県は7日、新富町の養鶏場で鳥インフルエンザの発生を確認したと発表した。県内の養鶏場では今季11例目。6日の簡易検査で陽性が判明し、遺伝子検査をしていた。県は陸上自衛隊に災害派遣を要請し、採卵鶏約24万羽の殺処分などの防疫措置を始めた。

続き…