女性が主治医にも安楽死求める 嘱託殺人

 難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の女性から依頼を受け、薬物を投与して女性を殺害したとして医師2人が京都府警に逮捕された事件で、女性が主治医に胃瘻(いろう)からの栄養補給の中止などの手段で安楽死を求めていたことが28日、関係者への取材でわかった。主治医は拒否しており、京都府警では、殺人を依頼する原因の一つとなった可能性もあるとみて慎重に調べている。

続き…