女子高生殺害容疑の祖父「けんか、動かなくなった」

 福井市の住宅で高校2年の冨沢友美さん(16)が殺害された事件で、福井県警が殺人の疑いで逮捕した同居の祖父、進容疑者(86)が事件後、友美さんの父親に電話で「けんかをしていたら、動かなくなった」と説明していたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。県警は事件の経緯を詳しく捜査する。

続き…