大雪、交通障害に警戒を 北陸は短時間で積もる恐れ

 強い冬型の気圧配置の影響で、北日本から西日本の日本海側や太平洋側の山地を中心に大雪となるとして、気象庁は8日、大雪や暴風雪、なだれ、積雪や路面凍結による交通障害などに警戒や注意を呼び掛けた。平地でも大雪となる所があるほか、特に北陸では9日にかけて断続的に強い雪が降って短時間で降雪量が多くなる恐れがある。

続き…