大阪府教委 旅費不正受給の教諭を停職処分 部活動指導を虚偽申請 

 大阪府教委は25日、手当などを不正受給したとして、府立高校の男性教諭(34)を停職6カ月の懲戒処分とした。府教委によると、男性教諭はサッカー部の顧問を務め、平成27年5月~令和元年8月に実際は行っていない休日の部活動の指導を行ったなどとして、手当や付き添い旅費を計218回申請。約53万円を不正に受給したとしている。男性教諭は同日付で依願退職した。

続き…