大阪市談合、贈賄罪の男に有罪判決 大阪地裁

 大阪市発注の公共工事の入札をめぐる官製談合・贈収賄事件で、贈賄罪などに問われた会社員、白木京介被告(48)の判決公判が5日、大阪地裁で開かれ、大寄淳裁判長は懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)を言い渡した。

続き…