大阪の女子大生殺害 死亡の男、別の住人と騒音トラブル

 吉岡桃七さんは京都府京丹後市出身で、平成30年春に大阪産業大(大阪府大東市)に入学したのを機に現場マンションに入居。大学ではサッカー部のマネジャーを務めており、同級生の女性(21)は「悪口とか愚痴を言わない、相手のことを考える子だった」。最近も連絡を取り、「緊急事態宣言が明けたらドライブに行きたいねと話していた。信じられない、何で桃七が…」と涙を流した。

続き…