大やけどの長女にラップ巻き放置 母と男に有罪判決

 大やけどを負った長女=当時(3)=に治療を受けさせずに放置したとして、保護責任者遺棄の罪に問われた母親の無職、橋本佳歩(かほ)被告(22)と、同居していた無職、田中聡被告(21)の判決公判が4日、横浜地裁(片山隆夫裁判官)で行われ、それぞれ懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)が言い渡された。

続き…