埼玉の駅でオーバーラン JR、運転士が眠気

 JR東日本大宮支社は29日、埼玉県川越市の笠幡駅で28日午後9時10分ごろ、川越発高麗川行き下り普通電車(4両編成)が停止位置を約180メートル過ぎて停車したと発表した。男性運転士が眠気を催し、ブレーキをかけるのが遅れたことが原因という。乗客約50人と運転士にけがはなかった。

続き…