地元議員ら94人買収認める 元法相公判、証人尋問終了

 令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた元法相の衆院議員、河井克行被告(57)の公判が19日、東京地裁で開かれ、60万円を渡された元陣営幹部が「公選法違反だと思った」と証言した。この日で、現金を受け取ったとされる地元議員やスタッフら計100人への証人尋問や供述調書の朗読が終了した。94人が買収を認めた。

続き…