名古屋城本丸御殿の柱に傷 修復困難、被害届提出へ

 名古屋市は10日、第2次大戦中の空襲で焼失し、木造復元した名古屋城本丸御殿で、柱2カ所に傷が付けられていたと明らかにした。鋭利なもので削られており、完全な修復は難しいという。市は悪質ないたずらとみて、愛知県警中署へ被害届を提出する方針。

続き…