台風21号、大阪で信号700基超消える 消えない信号普及せず

 9月に猛威をふるった台風21号は、近畿圏を直撃して2カ月が過ぎた。このうち大阪府内では少なくとも信号機730基が消え、交通に混乱が生じた。大規模災害などで停電した際の備えとして、信号機に非常用電源装置を設ける手法があるが全国的に低調で、同府内では整備率はわずか2・6%にとどまる。さらに、府内で整備されているものの多くは平成7年の阪神大震災後に設置されたため老朽化が目立つ。だが、コストが高く新設が難しいのが現状だ。

続き…