台風18号、鹿児島に上陸 大雨、土砂災害に要警戒

 大型の台風18号は17日午前11時半ごろ、鹿児島県南九州市付近に上陸した。今後、中四国や近畿を暴風域に巻き込みながら西日本を縦断するとみられる。台風の通過に伴って18日にかけ、九州から北海道まで広い範囲で大荒れの天気になるため、土砂災害や河川の増水、暴風や高波、高潮に警戒が必要だ。

続き…