取材情報を社外に流出 共同通信記者を懲戒処分

 共同通信社は12日、厚生労働省の有識者会議「大麻等の薬物対策のあり方検討会」の録音データなどを社外の6人に提供したほか、会議内容をツイッターで発信したとして大阪支社社会部の記者を出勤停止7日の懲戒処分とした。会議は録音をしないことを条件に報道機関に公開されていた。取材で得た情報を報道目的以外で流出させる行為に当たると判断した。

続き…