原因は気候変動か 時間差で襲来する“土砂雪崩”の恐怖

 福井県永平寺町で今年3月、えちぜん鉄道小舟渡(こぶなと)駅前の斜面が崩落し、駅に土砂が流れ込んだ。約10分前に列車が発車したばかりで幸いにもけが人はいなかったが、一歩間違えれば大惨事となりかねなかった。今回の土砂崩れは当時降っていた雨によるものではなく、1月に県内で大きな交通障害を引き起こした大雪に起因すると考えられている。

続き…