千葉5人襲撃、2審も実刑

 千葉県松戸市で平成29年5月、包丁やバットで男性5人を襲撃したとして、殺人未遂などの罪に問われた住所不定、無職、柴田法雄被告(37)の控訴審判決で、東京高裁は16日、懲役13年とした1審千葉地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

続き…