千葉県で鳥インフル、東日本で今季初 116万羽殺処分

 千葉県は24日、同県いすみ市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが確認されたと発表した。県によると、殺処分の対象は約116万羽に達し、国内では過去最大という。今季の養鶏場での発生は香川や福岡などに続き13県目で、東日本では初めて。

続き…