兵庫の工事現場に砲弾9発 爆発の危険なし

 兵庫県姫路市は11日、来年9月に開館予定の市文化コンベンションセンター「アクリエひめじ」(同市神屋町)の新築工事現場から、旧日本軍のものとみられる75ミリ砲弾9発が見つかったと発表した。いずれも直径約7・5センチ、長さ約30センチで、信管はなく、爆発の危険性はない。陸上自衛隊が10日に回収した。

続き…