元市部長ら起訴内容認める 滋賀・湖南市

 滋賀県湖南市発注の市立小学校の空調設備工事の一般競争入札をめぐって入札情報を業者に漏らすなどしたとして、官製談合防止法違反や公契約関係競売入札妨害の罪に問われた元市建設経済部長、望月敬吾被告(61)と同市の配管工事会社「奥村設備」の代表取締役、奥村増一被告(72)、同社社員、坂本浩治被告(49)の初公判が9日、大津地裁(高橋孝治裁判官)で開かれた。3被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

続き…