偽装和牛を販売疑い、食肉卸会社の前社長逮捕 兵庫県警

 交雑種の牛肉約100キロを「和牛」と虚偽表示して焼き肉店に卸したとして、兵庫県警生活経済課は28日、不正競争防止法違反(誤認惹起=ごにんじゃっき)の疑いで、神戸市東灘区の食肉卸会社「神戸サカヱ屋」(現・神戸武蔵フーズ)の前社長、海崎孝一容疑者(60)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。不正は数年にわたり続いたとみられ、県警は全容把握を進める。

続き…