側溝で発見の遺体は熊本大の35歳研究員

 熊本市内の側溝で身元不明の女性遺体が見つかった事件で、熊本県警は9日、遺体の身元を同市中央区本荘の楢原知里さん(35)と発表した。熊本大によると、楢原さんは、鹿児島大とともに設立したヒトレトロウイルス学共同研究センターの熊本大キャンパス(熊本市)に研究員として勤務している。

続き…