信楽高原鉄道事故から30年 「事故忘れない取り組みを」

 滋賀県信楽町(現・甲賀市)で平成3年、信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車が正面衝突して乗客ら42人が死亡した事故から、14日で30年となった。新型コロナウイルス禍が続く中、現場近くの慰霊碑前で、感染対策をして追悼法要が営まれた。法要は鉄道側が主催。事故発生時刻の午前10時35分ごろ、SKRの列車が現場を通過し、汽笛が鳴り響いた。

続き…