信楽事故から30年 次世代へ教訓つなぎ風化させるな

 平成3年に滋賀県信楽町(現甲賀市)で、信楽高原鉄道とJR西日本の列車が正面衝突し、乗客ら42人が亡くなった信楽高原鉄道事故から14日で30年となる。事故を機に結成された鉄道安全推進会議(TASK)は2年前に解散。遺族の高齢化に伴って当時のことを知る人が少なくなる中、記憶の風化の危機が顕著となっている。未曽有の事故の記憶をどう継承していくかが課題となる。

続き…