住吉会トップらに特殊詐欺の賠償請求、被害者提訴 東京地裁

 指定暴力団住吉会系組員らが関与した特殊詐欺事件で被害に遭った77~88歳の女性5人が24日、同会トップらに暴力団対策法上の「代表者責任」があるとして、計約7千万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。弁護団によると、同種の提訴は全国で10件目。

続き…