仙台市の入札妨害で業者に猶予判決 汚職絡む建築工事

 贈収賄事件に発展した宮城県登米市発注の建築工事の入札で、不正に入手した設計価格を基に落札したとして、公競売入札妨害罪に問われた仙台市の住宅建築会社セルコホーム元法人営業部長、樋口一春被告(51)に、仙台地裁は11日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。

続き…